作業療法士養成教育モデル・コア・カリキュラム -D 臨床医学-

「今の学生さんはこんなことまで勉強するのか。大変だなぁ」と思いながらまとめていましたが、そういえば授業でちょっと聞いた気がするぞ…と記憶の片隅には眠っていそうでした。必要とされていることで、それぞれの養成校でどの程度の時間を割り振るか、またその分野に詳しい指導者がいるのかどうかで、どの程度学ぶのかには違いがあるのかなと思いました。(学生の興味にもよるだろうし…)

D-1 医学概論

D-1-1)医学の基本

  1. 医学の歴史について説明できる
  2. 生命倫理について説明できる
  3. 医の倫理(患者の権利、医療者の義務)について説明できる

D-1-2)疾病の概念

  1. 疾病の定義の分類について説明できる

D-2 臨床医学総論

D-2-1)病理学概論

  1. 病因論(内因・外因を含む)について説明できる
  2. 病理学的変化(血行障害、進行性、退行性病変、炎症・感染・免疫・アレルギー、腫瘍・新生物、奇形・遺伝を含む)について説明できる
  3. 生体反応(ホメオスターシス、ストレス)について説明できる

D-2-2)疾病の診断

  1. 問診、身体所見、記録について説明できる
  2. 生化学検査について説明できる
  3. 生理検査について説明できる
  4. 画像検査(Xp、CT、MRI、超音波エコー)について説明できる

D-2-3)疾病の治療

  1. 薬物療法について説明できる
  2. 外科的治療について説明できる
  3. 栄養管理について説明できる

D-3 リハビリテーション医療

D-3-1)総論

  1. リハビリテーションの理念について説明できる
  2. リハビリテーション医学の定義と歴史について説明できる
  3. リハビリテーション医学の特徴について説明できる

D-3-2)健康と生活機能の評価

  1. 医学的情報(病理・整理・画像診断を含む)の評価について説明できる
  2. 心身機能・身体構造の評価について説明できる
  3. 活動の評価について説明できる
  4. 参加の評価について説明できる
  5. 背景因子(環境因子および個人因子)の評価について説明できる

D-3-3)リハビリテーション計画

  1. リスク管理について説明できる
  2. 機能的帰結の予測について説明できる
  3. リハビリテーションプログラムの立案について説明できる

D-3-4)リハビリテーションチームと多職種連携

  1. リハビリテーションチームについて説明できる
  2. チーム医療、他職種連携について説明できる

D-4 救急医学

  1. 救急医療体制について説明できる
  2. 症候群(意識障害、けいれん、湿疹、めまい、呼吸困難、腹痛、動機、急性肺障害・急性呼吸促拍症候群、嘔気・嘔吐、腹痛、頭痛、咽頭痛、腰背部痛、全身性炎症反応症候群)について説明できる
  3. 心肺蘇生・応急処置の方法について説明できる

D-5 臨床心理学

D-5-1)基礎理論

  1. 歴史について説明できる
  2. 防衛機制と転移について説明できる
  3. 学習、記憶、行動について説明できる

D-5-2)発達心理および臨床心理

  1. 児童・青年心理について説明できる
  2. 成人・高齢者心理について説明できる
  3. 患者・障害者心理について説明できる
  4. 臨床心理検査法について説明できる
  5. 心理療法およびカウンセリングについて説明できる

D-6 精神障害と臨床医学

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. その他の治療(精神療法を含む)について説明できる
  6. 精神障害の一般的疾患について説明できる

D-7 骨関節傷害と臨床医学

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. その他の治療(精神療法を含む)について説明できる
  6. 骨関節障害の一般的疾患について説明できる

D-8 痛みと臨床医学

D-8-1)急性期

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる

D-8-2)慢性疼痛

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 慢性疼痛の分類について説明できる

D-9 中枢神経の障害と臨床医学

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 中枢神経の障害の一般的疾患について説明できる

D-10 末梢神経・筋の障害と臨床医学

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 末梢神経・筋の障害の一般的疾患について説明できる

D-11 小児の障害と臨床医学

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 小児の障害の一般的疾患について説明できる

D-12 内部障害と臨床医学

D-12-1)呼吸器系疾患

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 呼吸器系疾患の一般的疾患について説明できる

D-12-2)循環器系疾患

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 循環器系疾患の一般的疾患(それぞれの疾患には感染症を含む)について説明できる

D-12-3)内分泌・代謝系疾患

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 内分泌・代謝系疾患の一般的疾患(それぞれの疾患には感染症を含む)について説明できる

D-12-4)消化器系疾患

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 消化器系疾患の一般的疾患(それぞれの疾患には感染症を含む)について説明できる

D-12-5)腎・泌尿器系疾患

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 腎・泌尿器系疾患の一般的疾患(それぞれの疾患には感染症を含む)について説明できる

D-12-6)生殖器系疾患

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 生殖器系疾患の一般的疾患(それぞれの疾患には感染症を含む)について説明できる

D-12-7)血液疾患、自己免疫疾患

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 血液疾患・自己免疫疾患の一般的疾患(それぞれの疾患には感染症を含む)について説明できる

D-13 がん関連障害と臨床医学

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. がん関連障害の一般的疾患(それぞれの疾患には感染症を含む)について説明できる

D-14 皮膚障害と臨床医学

D-14-1)熱傷

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる

D-14-2)褥瘡・創傷

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. その他の治療について説明できる

D-15 老年期障害と臨床医学

  1. 疫学、予後について説明できる
  2. 病因、症候について説明できる
  3. 評価、検査(画像・生理検査を含む)、診断について説明できる
  4. リハビリテーション医療について説明できる
  5. 老年期障害の一般的疾患(それぞれの疾患には感染症を含む)について説明できる

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です