「人」を3つの要素に分けてみる ーカナダモデルー

広場を走り回る元気な子供たち

カナダモデルでは

  • 人(Person)
  • 環境(Environment)
  • 作業(Occupation)

の関係について考えています。

今回はこの中のについて説明します。

人の3つの要素

カナダモデルでは人を

  • 身体的(physical)
  • 認知的(cognitive)
  • 情緒的(emotional)

という3つの要素にわけて説明しています。つまり

  • 身体的=体
  • 認知的=頭
  • 情緒的=心

にわけるということですね。

身体的要素

まずは身体的要素=体です。

筋肉や骨のことだったり、視力や歯並び、体の柔らかさなども身体的要素です。

認知的要素

次に認知的要素=頭です。

認知

1.ある事柄をはっきりと認めること。

2.婚姻関係にない男女の間に生まれた子について、その父または母が自分の子であると認め、法律上の親子関係を発生させること。

3.心理学で、知識を得る働き、すなわち知覚・記憶・推論・問題解決などの知的活動を総称する。

コトバンク

婚姻関係…?ととびっくりしてしまいましたが、この場合の「認知」は、考えたり、判断したり…という脳の働きのことを指します。

情緒的要素

最後に情緒的要素=心です。

情緒

1.事に触れて起こるさまざまの微妙な感情。また、その感情を起こさせる特殊な雰囲気。

2.「情動」に同じ。

コトバンク

気持ちや感情のことです。

スピリチュアリティ

これらの3要素に加えて「スピリチュアリティ」というものがあります。

スピリチュアリティ

人はみんな自分だけのスピリチュアリティを持っていて、そのスピリチュアリティが感情を呼び起こし、何を考えるかを定め、どのように行動するかを規定すると考えます。

吉川ひろみ「カナダモデルで読み解く作業療法」

スピリチュアリティとは、その人がその人であるための核のようなもので、人の身体・認知・情緒を決めるものです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です